KCKS 京都コリア学コンソーシアム

≪第90回研究会 開催のお知らせ≫

■ ご案内━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日 時 : 2024年 1月 12日(金) 18~20時

場 所 : 同志社大学 烏丸キャンパス 志高館1階会議室

報告者: 李相勲さん(関西学院大学経済学部准教授)

タイトル:戦前京都における在日コリアンとキリスト教会

■ 連絡先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都コリア学コンソーシアム(KCKS)
(メール) info@kyoto-korea.net
( H P ) https://kyoto-korea.net/


KCKS 京都コリア学コンソーシアム

≪第89回研究会 開催のお知らせ≫

■ ご案内━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日 時 : 2023年 12月 8日(金) 18~20時

場 所 : 同志社大学 烏丸キャンパス 志高館1階会議室

報告者: 田中隆一さん(立命館大学コリア研究センター客員研究員)

タイトル:『五族協和』と『内鮮一体』:回顧と展望

■ 連絡先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都コリア学コンソーシアム(KCKS)
(メール) info@kyoto-korea.net
( H P ) https://kyoto-korea.net/


KCKS 京都コリア学コンソーシアム

≪第88回研究会 開催のお知らせ≫

■ ご案内━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日 時 : 2023年 11月 10日(金) 18~20時

場 所 : 同志社大学 烏丸キャンパス 志高館SK203

報告者: 岡﨑享子さん(立命館大学衣笠総合研究機構コリア研究センター客員研究員)

タイトル:在日朝鮮人詩人金時鐘の故郷観-2000年以降の作品を中心に-

■ 連絡先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都コリア学コンソーシアム(KCKS)
(メール) info@kyoto-korea.net
( H P ) https://kyoto-korea.net/


KCKS 京都コリア学コンソーシアム

≪第87回研究会 開催のお知らせ≫

■ ご案内━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日 時 : 2023年 10月 6日(金) 18~20時

場 所 : 同志社大学 烏丸キャンパス 志高館SK214

報告者: 金由地さん(同志社大学大学院社会学研究科博士後期課程)

タイトル:198090年代、指紋押捺拒否運動における異種混淆的な運動空間の形成

■ 連絡先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都コリア学コンソーシアム(KCKS)
(メール) info@kyoto-korea.net
( H P ) https://kyoto-korea.net/


 今回の例会では、米国のノートルダム大学キーオ校・准教授のシャロン・ユン(Sharon J. Yoon)先生から講演していただきます。ユン先生はコリアン・ディアスポラ研究を専門とし、プリンストン大学で博士号(社会学)を取得しました。最初の著書は北京のコリアタウンを調査したThe Cost of Belonging: Solidarity and Mobility in Beijing’s Koreatown (Oxford University Press, 2021)です。現在、大阪のコリアタウンでの反ヘイト運動に関する2番目の著書(Place in the Age of Activism: The Fight Against Hate in Osaka’s Koreatown)を準備しておられ、その内容を中心にお話しいただきます。ふるってご参加ください。

 

■ 講演会(第86回研究会)のご案内━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日 時:2023年7月7日(金)18時~20時
場 所:同志社大学 烏丸キャンパス 志高館1階会議室 & オンライン(Zoom)

講演者:シャロン・ユンさん(米ノートルダム大学キーオ校・准教授)

タイトル:大阪コリアタウンにおける反ヘイト運動 (The Fight Against Hate in Osaka’s Koreatown)
※講演は英語で、質疑応答は日本語で行われます。

主催:京都コリア学コンソーシアム
共催:同志社大学都市共生研究センター(MICCS) グローバル地中海地域研究プロジェクト

■ 参加方法━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第86回研究会は会場とZoomのハイブリッド方式で開催します。
※会場参加希望の方は事前の申し込みなくお越しください。
※Zoom参加希望の方は下記より事前に登録をお願いします。登録後、Zoomからメールが届かない場合は、メールアドレスの記入を間違えたか、スパムとして振り分けられている可能性がありますので、ご確認ください。配布資料などがある場合は、登録したメールアドレスにお送りすることがあります。
https://us06web.zoom.us/meeting/register/tZwpc-uhrjwqEtNk2rK_WKYsde1bDIxYVdwj

■その他━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・研究会で使用するのはZoom(https://zoom.us/)というサービスです。一般的なZoomミーティング参加方法の説明は下記URL等をご参照ください。
https://support.zoom.us/hc/ja (ZOOM公式ヘルプセンター)
https://zoomy.info/manuals/what_is_zoom/ (ZOOMアカデミージャパン)
・なお、Zoomに関する技術的サポートはできかねますので、各自でご対応いただきますようお願い申し上げます。

■ 連絡先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京都コリア学コンソーシアム(KCKS)
(メール) info@kyoto-korea.net
( H P ) https://kyoto-korea.net/


The Fight Against Hate in Osaka’s Koreatown

Sharon J. Yoon, University of Notre Dame

Abstract:
Following the student protests of the 1960s, many believed that public demonstrations had become stigmatized and that Japanese youth, who had no first-hand experience of the war, had grown apathetic to politics. My project analyzes how social media has opened up new avenues for civic engagement in Japan. In particular, I examine how a group of “zainichi” Korean activists were able to use social media to mobilize a counter-movement—bringing together a broad coalition of left-wing activists, LGBT minorities, human rights lawyers, and ordinary Japanese citizens—to block hate rallies from entering their community. By challenging prevailing assumptions that social media movements lack organizational cohesion, I stress how space continues to be important in Internet politics by showing how the Korean ghetto became an important site of politicization, turning haphazard supporters into committed activists.

Bio:
Sharon J. Yoon is Associate Professor of Korean Studies in the Keough School of Global Affairs at the University of Notre Dame. She received her Ph.D. in sociology from Princeton University and is an ethnographer who specializes in the Korean diaspora. Her first book, The Cost of Belonging: Solidarity and Mobility in Beijing’s Koreatown (Oxford University Press, 2021), analyzed the intersections of ethnic entrepreneurship and community-building among Korean transnational migrants in China. Yoon’s second book, Place in the Age of Activism: The Fight Against Hate in Osaka’s Koreatown (under contract with Columbia University Press), examines an anti-racist movement that aimed to stop the rise of anti-Korean hate demonstrations in the largest and most historic Korean enclave in Japan.
Prior to joining the faculty at Notre Dame, Yoon was a Korea Foundation Postdoctoral Fellow at the James Joo-Jin Kim Center for Korean Studies at the University of Pennsylvania, a Japan Society for the Promotion of Sciences Postdoctoral Fellow at Osaka University, and an assistant professor at the Graduate School of International Studies at Ewha Womans University. Yoon was awarded a fellowship from the National Endowment for the Humanities in 2021. Her work has been published by prominent journals such as the Ethnic and Racial Studies, the Journal of Contemporary Asia, and Politics & Society. In addition to her academic research, she has worked with think-tanks such as the Korea Economic Institute and the Asan Institute for Policy Studies, as well as local grassroots organizations in Asia.